読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのお引越し

このたび当ブログはPlainの母体であるwcc worksのブログと統合することに致しました。

wcc works blogでは生い立ちから現在に至るまで、わたしのことを包み隠さず赤裸々に綴っておりますのでどうぞ笑ってやってください。

店主敬白

お引越し先 

wcc works blog

PLAIN T

Plain1周年を機に製作したPlainTシャツとトートバッグです。
 明日9日土曜日より店頭及び通販にて販売致します!

デザインは日頃よりお世話になっているhamburg 田嶋氏。
 制作協力にwork fitter ヤス氏、Night Plain dj yossy。
 日々の生活のなかでよりガシガシ着ていただけるよう、6.2オンス、ヘビーウェイトボディを採用。繰り返し洗濯しても味のあるヘタリかたを楽しんでいただけるかと思います。
ワンウォッシュ気味のブラックボディにはよりロゴが映えるようフロッキープリントを採用。
ミックスグレイボディにはロゴの手描き感がより伝わるようにシルクスクリーンを採用。
 各サイズごとにプリントの位置を細かく設定し、120・XS・SとM・L・XLでロゴサイズを変えています。
BLACK XS,S,M,L,XL 各サイズ ¥3,300- (税込)

MIX GRAY XS,S,M,L,XL 各サイズ  ¥3,300- (税込)

 各色キッズサイズ    120のみ   ¥2,700- (税込) 

 *サイズにつきましては写真のサイズ表を参考にしてください。

トートバックはA3サイズがすっぽり入るビッグサイズ。頑丈でざっくりしたキャンバス地にこってりとのったプリント具合が最高です。
 実はこのトートバック、Plainでのお買い物時に持参頂くと容器代、梱包包装代としてお買い上げ金額より5%割引を受けられるという特典付でございます。しかもその効果はバッグが裂け、朽ち果てるまで続くというのだから素晴らしい! *ただし割引はこちらの判断でバックに入る商品までとします。

PLAIN TOTE BAG  w約48   h約32 底幅約14   ¥1,000-

尚、通信販売につきましてはご希望の商品の詳細、郵便番号、ご住所、氏名、電話番号を plain1032@gmail.comまでお願いします。メール確認後、料金及び支払方法等のメールをお送りいたします。
あくまでもウェブショップではございませんので、設備等の不備をお詫びすると共に御理解いただけるよう宜しくお願いいたします。


たくさんつくっちゃったので、みなさんドシドシお願い致しますっ!

Plants and people.

先週の日曜日の事、杖をついた80代くらいの品の良いおばあさんがご来店。

お店のとなりの整骨院に通うたびにうちのお店が気になっていたそうな。ひと通り植物を見てから「すごく頼みずらい事なんだけど聞いて下さるかしら。。」と口を開きました。

依頼の要件は40年ほど前から育てているモンステラを植え替えて元気に仕立て直してほしいとのこと。10年前までは大きくなったモンステラを切り戻しては増やしたり、大きな鉢もなんとか管理ができていたのだけれど、さすがに足腰も弱くなってきて自分一人ではできない。ご主人は随分前に他界され、息子さんは東京在住。さらに2年ほど前に転倒した際に大腿骨を骨折してしまい、自分の寿命とともにモンステラも弱っていくしかないと思っていたのだそう。

ちょうど1年前にPlainが開店したころに退院され、整骨院に通いながらずっと植え替えを頼めないかと案じていたらしい。

そんな話を放っておく訳がない。お家もすぐ近所だとおっしゃるのでそのまま下調べに伺うことに。

Plainの周辺は室町時代に栄えた大内氏の館があり、そこに仕える氏族なんかが多かったためか現在でも主要な通り沿いには大きなお屋敷が立ち並ぶ。要するに「いいとこ」なわけで、おばあさんのお宅も立派な門をくぐりお庭を通ってみたいな大きなお屋敷でした。

リビングへと進むと大きなモンステラとご対面。気根とよばれる茎の途中から出るひげ根が伸びまくってジャングル状態の鉢が4鉢。どれも大きな火鉢に植えられていて、なるほどこれじゃ動かすこともできない。10年も植え替えていないので、当然根詰まりを起こしていて葉数も少なく、どれも元気がない。春の新芽も出ていなくて、正直どうなるかわからないけどとにかく40年も生きたこのモンステラを復活させたいと僕自身も強く思いました。

見積もりをして、1週間後にオペを決定しました。すると前日におばあさんが再来店。足が悪いのにも関わらず歩いてやってきて「あのモンステラに新芽が出たのよ!しかも2鉢も!」と嬉しそうに。「えー!まだなんもしてないのにー!?」とぼくもびっくり。

それって実はすごいこと。10年も植え替えていない植物が、春の新芽も出さずに弱っていたのに突然新芽を出したんだから。おばあさんはどうしようもないモンステラの世話をしながらきっといつも落胆していたのでしょう。「かわいそうに、でもわたしじゃなんにもしてあげれない」って。だけど僕がモンステラに会いにいって、「植え替えてあげましょう!」っておばあさんと盛り上がってるのを彼らはちゃんと感じ取っているんです。おばあさんもそれからは笑顔で接したでしょうからね。

ぼくはお店で植物を売るとき、植物への接し方を口うるさく話します。「植物は生きていて、人間の感情をちゃんと受け取るんだ!」と。たぶんもううざったく感じてる人もいるんでしょうけど 笑  でもまさに今回のモンステラがそれを顕著に現してくれました。いや、ほんとに感動です。

翌日3人がかりでオペを決行。決して植え替えの適期ではないので、根詰まりした根を傷つけないように優しく掘り起し、古い根だけを整理して新しいふっかふかの用土で植え替え。すっきりしてて直して見るからに元気そうなモンステラを見て、「長年の思いが叶ったー!」とおばあさんも元気になっちゃった。

おしまい。

f:id:wccw:20140721083310j:plain

f:id:wccw:20140721100302j:plain

f:id:wccw:20140721100847j:plain

 

Night Plain vol,2

桜が終わり、寒の戻りもようやく収まってきました。Plainではモッコウバラやギョウリュウバイなどが花を次々と咲かせ、敷地内に生えるシンボルツリーのケヤキも一斉に芽吹き始めました。

そんな穏やかな春の夜に開催されたNightPlainの様子を。

f:id:wccw:20140421190028j:plain

f:id:wccw:20140421190053j:plain

f:id:wccw:20140421190256j:plain

f:id:wccw:20140421190218j:plain

f:id:wccw:20140421191809j:plain

f:id:wccw:20140421191732j:plain

f:id:wccw:20140421190310j:plain

 

f:id:wccw:20140421190816j:plain

f:id:wccw:20140421190239j:plain

f:id:wccw:20140421192308j:plain

f:id:wccw:20140421192328j:plain

f:id:wccw:20140421191615j:plain

旅する本屋 TRAVEL BOOKS 濱崎くん

料理担当のvegecafe toytoy  あっぴー&なおこさん

bar担当はおなじみknot  まるさん&ひろくん

良質な音楽を提供し続けてくれたDJ陣、takuwan,NAOKI,mihoko,yossy

そしてご来場いただいたすべてのみなさん。

開催側も、お客様もみんなフラットに楽しんでたんじゃないかな?最高の夜だったよ!

やっぱりさ、楽しいことは自分たちで造ってくもんだと思うし、そっから新しいカルチャーが生まれてくるんだよね。

これからの山口のシーンを牽引していくような奴らが自然と集う場所になっていくはず。きっとね。

次回は夏。超本格的なバーベキュースタイルで皆さんを迎え撃つ計画が既に始動していますのでご期待ください!

 

 

 

 

 

シダ植物のススメ

<div id="fb-root"></div> <script>(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>
<div class="fb-post" data-href="https://www.facebook.com/media/set/?set=a.529603660491532.1073741828.526808657437699&amp;type=1" data-width="466"><div class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/media/set/?set=a.529603660491532.1073741828.526808657437699&amp;type=1">投稿</a> by <a href="https://www.facebook.com/pages/Plain/526808657437699">Plain</a>.</div></div>

メディア掲載情報

 

ぼくがPlainを始めようと思っていた当初から敬愛する green life web magazine GREEN DOORSに、なんとPlainを取り上げて頂きました。これはまじで嬉しくて、身に余る光栄でございますほんとに。

主宰である谷さんは僕の住む山口県から周防灘を挟んだ対岸の大分県国東半島にて、保育士さんの仕事をしながら園芸を通じた様々な活動をされているとても素敵な方。お会いしたことはないけど、ぼくのいつもいう「字は体を現す」じゃないけど、いろんなことから伝わる彼の人柄は手に取るように伝わってくる。

地図を開いてみると、国東半島と山口市は直線距離にすると60kmほど。実は県内の下関や岩国よりもずっと近いわけだ。最近海の見えるとてもきれいな新居に引っ越しが決まったようだから、新しい車が納車されたら家族で会いに行ってみよう!

 

んでもうひとつ。

f:id:wccw:20140228081431j:plain

「ロングライフデザイン」をテーマに、47都道府県に1冊づつ発刊されるd design travel。

有田焼の文様がとてもきれいなこのたび発売の佐賀県号の巻末辺りに、縁あってPlainを掲載して頂きました。こちらもお洒落すぎて、ぼくのような輩が載ってしまうなんて恥ずかしい限りですが、正直そりゃあ嬉しいですよ。

内容、情報量ともにコレクションしたくなるようなとても素敵な雑誌ですのでお勧めです。

さて、Plainではフラスコ栽培のヒヤシンスが開花しています。香りもとても良し。
春は近いです。

f:id:wccw:20140228091924j:plain

 

 

 

 

 

僕の敬愛してやまない TACOMA FUJI RECORDS から新作のデリバリー開始!!

昨年突如として山口に現れたTACOMA FUJI RECORDS。(っつってもただ僕がロゴパーカ着てただけですけど)フロントにでかでかとプリントされたTACOMAロゴを見て、みなさん「何それ!?」って感じでしたよね。

このすこぶる具合のいいパーカを是非皆さんにも着てほしくって、どーんと大量入荷しましたよ!

f:id:wccw:20131001074813j:plain¥14,175(税込)

TACOMA LOGO Teeのニューバージョンとしてひっそりこっそり5th collectionとしてリリースしていた
「タコマフジ・オリエンタレス」がパーカとしてリニューアルしてのリリース。

12ozのヘビーウェイトなリバースウェーブタイプのこちらのパーカ、ヘザーグレイとネイビーの2色展開になります。
どちらもコーディネイトを問わない着やすさが魅力。袖にはロゴワッペンがまたもや鎮座している1枚です。

f:id:wccw:20131001075419j:plain

脇腹の部分がリブ加工になっているので動きやすさも抜群。釣りやキャンプに登山などアクティブシーンでも大活躍です。

f:id:wccw:20131001080548j:plain

裏地は起毛で保温性もばっちり。

着心地がいいので部屋着としても最高ですし、そのまま出かけてもモウマンタイ。(無問題)

少しおしゃれが必要な時だって、インナーにシャツを着こんで襟をチラ見せすれば、ほーらあなたもジュノンボーイ。(すみません、嘘です。。)

とにかく着てみりゃわかる、とっても調子の良いパーカなんです!!

f:id:wccw:20131001080125j:plain¥14,175(税込)

毎晩の深酒で最後の記憶はまだらに喪失。
強烈な異臭と二日酔い。無くした記憶と猛烈な後悔。
そんな経験が深く刻み込まれた、酒呑みの情念ほとばしるTシャツ、「DEAD DRUNK(ベロベロの泥酔、の意)」。
二日酔いあけの湯上がりにも丁度いい1枚。
通常プリントよりもエイジングが楽しめるフロッキープリント仕様。
デザインは五木田智央によるもの。
7th collectionの中でも一際異彩を放つDEAD DRUNKが12ozのヘビーウェイトなリバースウェーブタイプのパーカでリリース。
ヘザーグレイにレッドのフロッキープリントという新配色が、Tシャツがそこはかとなく放っていたバッドテイストにアメカジっぽさをプラス。
コーディネイトを問わない着やすさという魅力に昇華されています。
袖にはロゴワッペンがまたもや鎮座している1枚。
オススメです。

酒呑みにはたまらない一枚。インナーに黒のDEAD DRUNKを仕込んでおいて、居酒屋でいい感じになってきたときに脱いだらあなたはきっとヒーローになれるよ。ダブルDEAD DRUNK!呑兵衛カモン!!

f:id:wccw:20131001080541j:plain¥14,175(税込)

2010年にワシントン州タコマで開催されたフィールドレコーディングの作家ばかりを集めたフェス、
「the witches mountain」。
その物珍しさから一部好事家には話題になったが、チケットの売れ行きは予想を遥かに下回りストリーミング放送を実施するも課金制に。
会場で一部暴徒化したファンが、後日ストリーミングを視聴する際のログイン画面のスクリーンショットをTシャツにしたのがこの1枚。
既に着古したような柔らかい肌触りと、胸ポケットをまたいだラフなプリントが特徴。
*このストーリーはフィクションです。
デザインは鈴木聖によるもの。
12ozのヘビーウェイトなリバースウェーブタイプのパーカで7th collectionに続いて登場のTHE WITCHES MOUNTAINは
ヘザーグレイとネイビーの2色展開になります。
どちらもコーディネイトを問わない着やすさが魅力です。
袖にはロゴワッペンがまたもや鎮座している1枚です。
こちらも押さえておきたい一枚。僕の今期のワークウェアに決定です。

f:id:wccw:20131001081751j:plain¥14,175(税込)

質実剛健なリバースウェーブに対して、よりカジュアルにルームウェアとしても使えるような着心地重視のスタンダードタイプのパーカです。
毛足の長めな裏起毛と、コットン100%の表面の肌触りのコントラストが印象的。
リバースウェーブと比べて身幅にゆとりのあるこのパーカは、肩の力を抜いてTシャツ感覚の「普段着」として着て頂きたいです。

アートワークは7th collectionにて「BLACK CORIANDER」でアートワークを提供して頂いた、現代アートとファッションを又にかけて活躍する加賀美健氏によるもの。
シンプルなハンドライティングながら、微妙なローファイ感が気持ちいい1枚。
袖もとのタコマワッペンも健在です。
もはや加筆の必要すらないです。はい。

f:id:wccw:20131001081843j:plain¥5040-

TACOMA FUJI ORIENTALESやタコマ・ステッカーでもおなじみ、海外の怪しいチャイニーズレストラン(だいたい美味い)
とかでお馴染みのオリエンタルなあのフォントで「TACOMA FUJI」を刺繍。
ネイビーボディにホワイト刺繍が映えるアイテムです。

f:id:wccw:20131001082155j:plain

 

f:id:wccw:20131001081130j:plain

「餃子にビール」、「とんかつにキャベツ」、「生姜焼きに白米」、「ハンバーガーにコーラ」、
「焼き鳥にレモンサワー」、「猪木と馬場」、「王と長島」、「ミックとキース」、
「ロマーリオとベベット」、「サクとシウバ」。。。脈々と語り継がれる極上のコンビネーション。
その系譜にスイーツ代表とばかりに鎮座する「ドーナツとコーヒー」がバッチリ甘みを効かせてタコマフジからリリース。
デザインは五木田智央によるもの。

TACOMA FUJI RECORDSオリジナルトートバッグの新作は、7th collectionで好評のDONUT&COFFEE。
アナログレコードがすっぽり入る大きな間口と、タスキがけができる使い勝手の良さで好評を頂いています。
ハードユースにも対応する丈夫なキャンバス仕様。
ポケット等何もついていませんが、それ自体を「おおきなポケット」としてザックリ使って頂きたいです。
トートバッグもあわせてどーぞ!

今週は植物の入荷もどーんとありますよー!!

ってなわけですから今週末はぜひぜひPlainへお越しくださいませ!